プルタミナとは

top_jaringan

 

 

はじめに

インドネシア国営石油会社 PT Pertamina (Persero) は、インドネシア共和国政府が株式を所有する国有有限責任会社の一つで、1957年12月10日の設立以来、インドネシア共和国最大の国営企業として石油・天然ガス関連事業を国内外で展開しています。

 

事業内容

  • 原油、天然ガス、地熱の探鉱・開発
  • 原油、天然ガスの精製
  • 石油製品、非石油製品、ガス製品、石油化学製品の流通・販売
  • 船舶輸送、掘削等の石油・ガス関連サービス

 

沿革
1957年12月10日 PT Ekploitasi Tambang Minyak Sumatra Utaraを改組、PT Permina設立
1961年7月1日 PT PerminaからPN Perminaに改組(政令1961年第198号)
1968年8月20日 PN PerminaとPN Pertaminが合併してPN Pertaminaに改組(政令1968年第27号)
1971年12月15日 PN Pertaminaが国有化(政令1971年第8号)
2003年9月17日 国有有限責任会社 PT Pertamina (Persero)に改組(政令2003年第19号)

 

財務状況
株主構成 インドネシア共和国政府100%
総資産(連結) 51,214 百万米ドル(約5兆7,800億円)
売上高(連結) 42, 959 百万米ドル(約4兆8,500億円)
純利益(連結) 2,540 百万米ドル(約2,870億円)
授権資本 200兆ルピア(一株当たり額面100万ルピア)
発行済み株式 83兆ルピア(一株当たり額面100万ルピア)

 ※2017年12月31日現在(1ドル=113円換算)

 

従業員数

  • 単独:13,406人
※2017年12月31日現在