プルタミナが 『ブランド・アジア2016』 において「アジアで最も力強いエネルギー企業」の栄誉を獲得

以下の抄訳文は、インドネシア国営石油会社 PT Pertamina (Persero) が管理・運用する「Siaran Pers(News Release)」ページに記載されている事項(以下「原文」)を理解するための補助資料です。当翻訳文と原文に相違がある場合には、原文の記載事項が優先します。
原文: Pertamina jadi the Most Powerful Energy Company in Asia


2016年5月18日 19:58

ジャカルタ発 – インドネシア国営石油会社 PT Pertamina (Persero)(以下、プルタミナ)は、日経BP社 及び Markplus社が実施する企業ブランド価値調査『ブランド・アジア2016*』において、「アジアで最も力強いエネルギー企業(the Most Powerful Energy Company in Asia)」の栄誉を獲得しました。プルタミナ・コーポレート・セクレタリーのウィスヌントロ(Wisnuntoro)が5月17日(火)、Jakarta Marketing Week 2016の舞台で表彰を受けました。

コーポレート・コミュニケーション担当バイス・プレジデントのウィアンダ・プスポヌゴロ(Wianda Pusponegoro)は、日経BP社とMarkplus社が共同で実施した当ブランド調査が各国で実施されたものであることに言及し、中国、シンガポール、韓国、日本、台湾などアジア12ヶ国の1,446ものローカルブランド及びグローバルブランドが対象となり、およそ13,000の回答に基づいた調査であると説明しています。

ウィアンダは「この調査はアジアの各企業のブランド力を計測するためのものです。アジアで最も力強いエネルギー企業(the Most Powerful Energy Company in Asia)に選出されたことで、プルタミナは国家のエネルギー供給に貢献し、インドネシアで最も優れた国営石油会社としてさらに力強く前進する後押しになることでしょう」と述べています。

『ブランド・アジア』は日本の巨大メディアグループ日経の子会社、日経BP社が実施しています。日経は日経新聞やフィナンシャル・タイムズを発行しており、インドネシアにおける調査はMarkplus Insight社によって実施されました。

*アジア12地域における企業ブランド価値を横断的に評価する年1回の調査。対象は、各地域120ブランド。日経BP社の「ブランド・ジャパン」で用いている16年の実績を持つ信頼性の高い評価手法で、アジアにおける企業ブランドの位置づけを客観的に評価するもの。