潤滑油事業のご紹介

lub

 

プルタミナ・ルーブリカンツ社

プルタミナは、マーケティング事業部門の傘下にプルタミナ・ルーブリカンツ社(PT Pertamina Lubricants)を抱えています。同社は2013年9月に設立され、同年11月より、潤滑油の製造・流通・販売を国内外で行っています。プルタミナの高品質エンジンオイルは、インドネシア国内だけでなく、世界25カ国を超える市場(2015年11月現在)に受け入れられています。

※プルタミナ・ルーブリカンツ社CM(インドネシア語)

世界標準の生産体制

プルタミナ・ルーブリカンツ社はインドネシアで3ヶ所(ジャカルタ、チラチャップ、グレシック)、タイで1ヶ所の潤滑油製造プラント(LOBP: Lubricant Oil Blanding Plant)を運営し、合計で年間4億6,000万リットルの製造キャパシティーを有しています。
同社の製造プラントは、ISO9001等の世界標準の生産体制を築き、品質に優れたベースオイル、潤滑油を製造しています。また、API、ACEA、JASO等の世界標準の品質規格だけではく、ダイムラー・クライスラー、トヨタ、ホンダ、スズキ等のより厳しいメーカー規格にも対応しています。世界最高水準の潤滑油製品を世界各国に展開しています。
また、2015年には、ランボルギーニのテクニカルパートナーとして、レーシングチーム「Lanborghini Squadra Corse」に高性能オイル「Fastron Platinum」を提供しています。
 

 

海外市場での展開

プルタミナは、日本・韓国・台湾を含めた世界25ヶ国以上ででエンジンオイル製品の販売を行っています。世界市場でもその高品質・高機能が評価されています。

 

数々の国際認証を取得

プルタミナのエンジンオイルは、世界の名だたる自動車・重機メーカー等から国際認証を受けています。

*プルタミナ・ルーブリカンツ社調べ

受賞暦

プルタミナは数々の権威ある機関からその優れた品質を評価されています。プルタミナ・ルーブリカンツ社は2014年2月14日、インドネシアの権威あるビジネス誌「SWA」において、車潤滑油部門で「World Class Quality Achievement」の評価を獲得しました。