名古屋大学博士課程プログラムが当代表部を訪問

2016年6月29日(水)、名古屋大学大学院博士課程教育リーディングプログラム(PhDプロフェッショナル登竜門)の学生・教員が当代表部を訪問し、インドネシアのエネルギー事情について議論を交わしました。

同博士課程プログラムは、特に成長著しいアジア諸国を対象に、製造業の国際的なビジネス展開と国際連携を支える人材の輩出を目的としています。今回受け入れた学生も日本人のほかウズベキスタン、中国など国際色豊かなプログラムといえます。なお、今回の訪問は同プログラムからのご要望に応じて実現したもので、インドネシアのエネルギー政策、課題、展望等について議論を深め、語り合いました。

当代表部は産業分野のみならず、学術分野のご訪問も積極的に行っておりますので、プレゼンテーション等のご要望等があればコンタクトセンターまでご連絡ください。

 

Nagoya

名古屋大学大学院の学生・教員の皆様