バリのコーラスグループ「Bina Vokalia Bali」がフェスティバルインドネシアに出演

インドネシアと日本の国交樹立60周年を記念する「フェスティバル インドネシア2018」が2018年7月28日(土)・29日(日)の2日間、東京都日比谷公園で開催されました。

インドネシア共和国大使館が主催(後援:外務省、東京都、インドネシア共和国観光省)し、20組以上の多種多様なステージパフォーマンスに加え50を超える出展ブースなど、インドネシア関連イベントとして過去最大規模のものになりました。

今回、プルタミナ東アジア代表部はバリのコーラスグループ「Bina Vokalia Bali(ビナ・ボーカリア・バリ)」の出演を支援しました。バリの伝統衣装に身を包んだ19名の少年少女ボーカリストが29日(日)午後12時半からフードテント内の特設ステージ でパフォーマンスを行いました。バリの伝統音楽だけではなく「上を向いて歩こう」など日本語の歌も見事なハーモニーで歌い上げ、多くの観客を魅了しました。

「Bina Vokalia Bali」は1976年、声楽や演技指導を通じて青少年の成長を促す目的で設立されました。1985年には筑波万博、日比谷ホール 及び 船橋市民文化ホールで招へい公演を行うなど、海外での展開も行っています。

プルタミナ東アジア代表部はインドネシア国営企業の一員として、エネルギー関連事業に加え、インドネシアと日本の総合的な交流を促進するCSR活動にも積極的に取り組んでいます。

見事なハーモニーで観客を魅了

チームを率いるIda Ayu Sri Aryani Rosantiwati氏